イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビ

シャチホコのような見事なエビ反りで有名なイソギンチャクモエビ。
エビ反りがわかるよう側面から撮影するのがセオリーですが、
あえてこのようなアングルで狙ってみました。
警戒するとお尻をフリフリと振るのですが、これがとっても可愛いんです。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO200


  1. 2018/01/25(木) 17:21:32|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

フィコカリス・シムランス

フィコカリス・シムランス

写真右の海藻に乗っている茶色いのがそうです。
エビの仲間なのですが、ゴミのようにしか見えませんね。
大きさは1センチ未満と非常に小さく、探すのはなかなか困難。
撮影するときもアプローチする角度を間違えると、何これ?という写真になってしまいます。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F13 SS1/250 ISO100


  1. 2018/01/17(水) 16:24:35|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

アオギハゼ

アオギハゼ

オーバーハングした岩陰などで見られるアオギハゼ。
暗い場所を好み、ほとんどの場合大きな群れを作っています。
群れの中からよくヒレを拡げる個体を見つけ出し、集中して狙うとよいでしょう。
こちらが近づくとどんどん逃げていくので、撮影はなかなか困難です。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2018/01/09(火) 17:35:29|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

イチモンジコバンハゼ

イチモンジコバンハゼyg

イチモンジコバンハゼの幼魚。
内湾性のハゼの中でも、可愛さ・人気ともにトップクラスです。
警戒心が強く、サンゴの隙間からなかなか出てこないので
姿を現すまでとにかく粘りましょう。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/60 ISO100


  1. 2018/01/01(月) 01:42:07|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

PROFILE

Nasu Hiroyuki

Author : Nasu Hiroyuki 

CALENDER

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ENTRIES

CATEGRY

ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索