ナデシコカクレエビ

ナデシコカクレエビ

ハナガササンゴと共生するナデシコカクレエビ。
両方のハサミを激しく左右に振って、クリーナーシュリンプ独特の動きをしていました。
とても小さな個体だったので、クローズアップレンズを装着して最短撮影。
このような被写体は、置きピンにしてひたすらシャッターを切りまくるに限ります。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2017/07/25(火) 20:43:31|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

アカメハゼ

アカメハゼ

湾内のサンゴが豊富な海域に生息するアカメハゼ。
比較的撮影は容易なので、人気のマクロ被写体となっています。
このハゼの最大の特徴は、綺麗なピンク色の目玉。
この目玉が白トビしてしまっては台無しなので、ストロボ光はやや弱めに当てています。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2017/07/21(金) 23:15:39|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

カザリイソギンチャクエビ

カザリイソギンチャクエビ

ウスカワイソギンチャクに潜んでいたカザリイソギンチャクエビ。
普段はイソギンチャクの奥に隠れていますが、時々チラッと姿を現します。
その一瞬のチャンスを逃さないよう、シャッターを切らなければなりません。
かなり撮影難易度の高いエビです。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2017/07/13(木) 18:16:52|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

オイランヨウジ

オイランヨウジ

オイランヨウジの極小幼魚。
大きさは1センチほどで、まるで糸クズのようでした。
途中で何度も見失い、撮影は大変だったのを覚えています。
丸い尾ビレを拡げたカットが撮れるまで、ひたすらシャッターを切りまくりました。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2017/07/09(日) 21:39:00|
  2. 魚類(その他)
  3. | コメント:0

フリソデエビ

フリソデエビ

甲殻類の中で私が最も愛して止まないのが、このフリソデエビ。
しかし、近年めっきり数が減ってしまい、とてもレアな存在となってしまいました。
エサとなるヒトデを与えて飼いならしていた昔が懐かしいです。
INONのヌスートを使用し、フリソデエビだけにストロボ光を当ててみました。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000+Snoot ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2017/07/05(水) 18:27:49|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

ピグミーシードラゴン

ピグミーシードラゴン

石垣島ではかなりレアな存在のピグミーシードラゴン。
ヨウジウオの仲間で、正式和名はまだついていないようです。
決してフォトジェニックではありませんが、なかなか可愛らしい顔をしています。
頭の部分から、毛のようなものが1本生えているところがなんとも言えませんね。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2017/07/01(土) 18:20:19|
  2. 魚類(その他)
  3. | コメント:0

PROFILE

Nasu Hiroyuki

Author : Nasu Hiroyuki 

CALENDER

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ENTRIES

CATEGRY

ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索