ピグミーシードラゴン

ピグミーシードラゴン 

学名「キオネミクティス・ルメンガニィ」。
ピグミーシードラゴンというのは愛称であって、正式名称ではありません。
見た目はただの糸クズで、探し出すのはかなり困難です。
これを最初に見つけた人は本当に凄いですね。

FUJIFILM S5pro ● AF MICRO NIKKOR 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100 


  1. 2014/08/29(金) 18:11:24|
  2. 魚類(その他)

カンザシヤドカリ

カンザシヤドカリ 

石垣島では普通に見ることが出来るカンザシヤドカリ。
クローズアップレンズを装着してドアップで撮ることが多いのですが、
このときはちょうどいい場所にイバラカンザシがあったので
少し引いて撮影しました。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/200 ISO100


  1. 2014/08/27(水) 20:54:33|
  2. 甲殻類(異尾類)

イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビ 

尻ふりダンスが可愛いイソギンチャクモエビ。
自分の身を守るため、外的があまり近づかないサンゴやイソギンチャクの側で生活しています。
この個体は触手の色が綺麗なエンタクイソギンチャクについていました。
様々なホストにつくので絵になることが多く、よく撮影する被写体です。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/200 ISO100


  1. 2014/08/25(月) 10:12:59|
  2. 甲殻類(エビ)

アオギハゼ

アオギハゼ 

オーバーハングした岩下でよく見かけるアオギハゼ。
比較的暗いところで群れを作り、立ち泳ぎをしていることが多いです。
近づくとどんどん逃げていくので撮影はやや困難ですが、このときは岩肌に追い詰めて撮影。
背景の岩がうるさくならないよう、絞りを開けて撮りました。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/200 ISO100


  1. 2014/08/23(土) 18:49:37|
  2. 魚類(ハゼ)

サンゴ

サンゴ 

名前はわかりませんが、サンゴの表面です。
普段サンゴだけの写真を撮ることはほとんどないのですが、
淡いグリーンがとても綺麗に見えたので思わずカメラを向けました。
こんな写真もたまにはいいかな。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/200 ISO100


  1. 2014/08/21(木) 18:26:39|
  2. その他の水中生物

イソバナガニ

イソバナガニ 

イソバナと共生するイソバナガニ。
昼間はイソバナの根元の隙間にじっと隠れており、ほとんど動くことはありません。
このときは申し訳ないと思いながらも、撮りやすいところまで出てきてもらいました。
自然光を多く取り入れるため、イソバナの下から煽って撮影しています。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/60 ISO100


  1. 2014/08/19(火) 18:42:44|
  2. 甲殻類(カニ)

イチモンジコバンハゼ

イチモンジコバンハゼ 

イチモンジコバンハゼの幼魚。
黒電話のダイヤルのような目と顔のソバカスが特徴で、とても人気のあるハゼです。
しかし、この模様は幼魚のときだけで、成魚になると全身が真っ黒に変色してしまいます。
可愛いのは子供のうちだけですね。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/60 ISO100


  1. 2014/08/17(日) 18:38:54|
  2. 魚類(ハゼ)

イソギンチャクエビ

イソギンチャクエビ 

石垣島では普通に見る事が出来るイソギンチャクエビ。
見つけてもあまり撮影することはありませんが、このときは綺麗な
イソギンチャクに小さな固体がついていたのでカメラを向けました。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/200 ISO100


  1. 2014/08/09(土) 18:52:44|
  2. 甲殻類(エビ)

ウミウシカクレエビ

ウミウシカクレエビ 

クロナマコについていたウミウシカクレエビ。
擬態しているとは思われず、黒いナマコの上でとても目立っていました。
おかげでこのエビは探すのが簡単です。
ナマコに近づく天敵が少ないので、擬態する必要がないのでしょうか?

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/200 ISO100


  1. 2014/08/07(木) 18:48:20|
  2. 甲殻類(エビ)

アカテンイロウミウシ

アカテンイロウミウシ 

私の大好きなウミウシ、アカテンイロウミウシ。
綺麗な色の組み合わせとフリフリ感が可愛いくてたまりません。
見つけると問答無用で嬉しくなりますね。
何度見ても何度撮影しても飽きないウミウシです。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/60 ISO100


  1. 2014/08/05(火) 18:04:34|
  2. ウミウシ

ウミシダウバウオ

ウミシダウバウオ 

ウミシダと共生するウミシダウバウオ。
見た目も動きもおたまじゃくしみたいで、キモ可愛いお魚です。
見つけたときはいつも撮影を試みますが、ウミシダもウバウオも動くので、
なかなかシャッターを切ることが出来ません。

FUJIFILM S5pro ● AF MICRO NIKKOR 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/200 ISO100 


  1. 2014/08/03(日) 15:28:21|
  2. 魚類(その他)

マッシュルームコーラルシュリンプ

マッシュルームコーラルシュリンプ 

パラオクサビライシと共生するマッシュルームコーラルシュリンプ。
通常はパラオクサビライシ表側のポリプに隠れて擬態していますが、
このときは裏側に隠れていました。
頭でっかちのとっても可愛らしいエビです。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/200 ISO100


  1. 2014/08/01(金) 17:09:21|
  2. 甲殻類(エビ)

PROFILE

Nasu Hiroyuki

Author : Nasu Hiroyuki 

CALENDER

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ENTRIES

CATEGRY

ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索