マントヒヒボヤ

マントヒヒボヤ 

怒ったマントヒヒの顔に見える面白いホヤ。
転石の下などの比較的暗いところで稀に見つかります。
マントヒヒボヤというのはもちろん愛称で、和名が付いているのかどうかもわかりません。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/200 ISO100
  1. 2014/06/29(日) 21:55:13|
  2. ホヤ

クマノミ

クマノミbaby 

綺麗なイソギンチャクについていたクマノミの幼魚。
春先にはたくさんのクマノミbabyが現れます。
フィルム時代には手も足も出なかった被写体ですが、
デジタルになってからはクマノミ幼魚だけで1時間粘ることも。(笑)

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/200 ISO100


  1. 2014/06/27(金) 18:48:15|
  2. 魚類(クマノミ)

マルスズメダイ

マルスズメダイ 

マルスズメダイの幼魚が出始めました。
尻ビレの先が枝毛状に二つに割れているのがチャーミングポイントで、
ここがわかるように写すのがお作法です。
背景がうるさくならないよう、絞りは開放で撮影しました。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F3.2 SS1/200 ISO100


  1. 2014/06/25(水) 17:53:11|
  2. 魚類(スズメダイ)

オオゴマダラの蛹

オオゴマダラの蛹 

日本最大級のチョウ、「オオゴマダラ」の蛹。
キラキラの金色に輝いて見えるとてもゴージャズな蛹です。
じつはこの色は構造色で、蛹自身には色はついていないが、その微細な構造によって
光が干渉し、色づいて見えるらしい。

FUJIFILM S5pro ● AF MICRO NIKKOR 105mm ● F11 SS1/60 ISO100 


  1. 2014/06/23(月) 17:25:03|

ニシキテグリ

ニシキテグリ 

ニシキテグリの産卵シーズン到来です。
今年はまだ1回も見に行っていませんが、近いうちにチャレンジしたいと思っています。
撮影難易度が高く、運も大きく左右するので、
いい写真が撮れたときは無上の喜びを感じますね。

FUJIFILM S5pro ● AF MICRO NIKKOR 105mm ● S-2000×2 ● F13 SS1/250 ISO100 


  1. 2014/06/21(土) 17:11:35|
  2. 魚類(テグリ)

イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビ 

ジュズダマイソギンチャクに潜んでいたイソギンチャクモエビ。
さすがにイソギンチャクの内部は危険ではないか?と、しばらく観察しましたが、
お尻をフリフリすることもなく、じっとして動くことはありませんでした。
ここが一番の安全地帯なのでしょうか?

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/200 ISO100


  1. 2014/06/19(木) 22:34:32|
  2. 甲殻類(エビ)

タイワンサソリモドキ

タイワンサソリモドキ 

草むしりをしていて見つけたタイワンサソリモドキ。
サソリに似ていますが、サソリではなく毒針や毒も持っていません。
しかし、危険を感じると肛門腺から強い刺激臭のある液体を噴出するので、
見つけてもあまり触らないほうがいいでしょう。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● F8 SS1/80 ISO100


  1. 2014/06/17(火) 14:44:22|
  2. | コメント:0

ザンジバルボクサーシュリンプ

ザンジバルボクサーシュリン 

イエローボクサーシュリンプこと、ザンジバルボクサーシュリンプ。
オトヒメエビの仲間で、大きさは最大でも3センチほどの小さくて可愛いエビです。
特殊な環境に住んでいるレア物で、見つけ出すのは非常に困難。
腕に覚えのあるガイドはこのエビを飼いならし、ネタとしてゲストにコンスタントに見せています。

FUJIFILM S5pro ● AF MICRO NIKKOR 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100 


  1. 2014/06/15(日) 17:15:48|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

ムラサキウミコチョウ

ムラサキウミコチョウ 

潮の流れに乗って中層を漂っていたムラサキウミコチョウ。
大きさ5ミリほどの小さなウミウシです。
パタパタと羽ばたいてくれるのを期待しながらシャッターを切り続けましたが、
残念ながら最後まで飛んでくれませんでした。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F16 SS1/200 ISO100


  1. 2014/06/13(金) 20:29:00|
  2. ウミウシ
  3. | コメント:0

コペポーダ

コペポーダ 

エンタクイソギンチャクについていたコペポーダ。
紫と緑のカラフルな背景は、エンタクイソギンチャクの触手の部分です。
とても小さな生き物なので、クローズアップレンズを装着し、
撮像範囲をDX(1.5倍)モードに切り替えて撮影しました。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-165 ● S-2000×2 ● F16 SS1/200 ISO100 


  1. 2014/06/11(水) 20:39:17|
  2. パラサイト
  3. | コメント:0

ダルマハゼ

ヨゴレダルマハゼ 

育卵中のダルマハゼ。
胸鰭を上手に使い、ふ化寸前の卵に海水を送っているところです。
狭いサンゴの隙間を動き回るので、なかなか撮らせてもらえませんでしたが、
なんとかブサ可愛い表情を撮影することが出来ました。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/200 ISO100


  1. 2014/06/11(水) 16:21:19|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

ウミウシカクレエビ

ウミウシカクレエビ 

キスジカンテンウミウシについていたウミウシカクレエビ。
自然光を入れて、ローアングルから煽って撮影してみました。
絞りを開けての最短撮影なので、ピンボケ写真の連発でしたが、
1枚お気に入りの写真が撮れればそれでいいのです。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/80 ISO100


  1. 2014/06/09(月) 17:17:50|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ 

赤いカイメンについていたセボシウミタケハゼ。
カイメンにうまく溶け込んでいて、とても擬態上手な子でした。
このハゼは普通種ですが、色んなホストにつくので
非常に撮りがいがあります。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/200 ISO100
  1. 2014/06/07(土) 17:01:26|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

ヤエヤマボタル

ヤエヤマボタル 

6月に入りましたが、まだヤエヤマボタルはいい感じで飛んでくれています。
今回は14ミリで、ど~んとワイド撮影してみました。
カメラを地面スレスレにセッティングして、遠近感を強調。
ホタルがたくさん飛んでいるときは、ワイドなレンズが楽しいですね。

NIKON D600 ● AF-S NIKKOR 14-24mm  ● F2.8 SS30×6 ISO800


  1. 2014/06/05(木) 17:18:05|
  2. | コメント:0

オガサワラカムリ

ユキンコボウシガニ 

前回に引き続きオガサワラカムリです。
同じ個体をカメラの設定を変えてカッチリ撮影してみました。
好みにもよりますが、この子の場合、前回のように絞りを開けてフワッと
撮ったほうがより可愛く写るのではないかと思います。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/200 ISO100


  1. 2014/06/03(火) 10:32:30|
  2. 甲殻類(カニ)
  3. | コメント:0

オガサワラカムリ

ユキンコボウシガニ 

ユキンコボウシガニの愛称で人気のオガサワラカムリ。
水温が上がり、探せばかなりの確率で見つかるようになりました。
この子は形のよいチャツボホヤを被っていて、それはそれは可愛かったです。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/60 ISO100


  1. 2014/06/01(日) 16:49:38|
  2. 甲殻類(カニ)
  3. | コメント:0

PROFILE

Nasu Hiroyuki

Author : Nasu Hiroyuki 

CALENDER

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ENTRIES

CATEGRY

ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索