テングカワハギ

テングカワハギ

年々数を減らせているテングカワハギ。
彼らの住処となっているサンゴ礁がどんどんなくなっているからです。
今年は30度以上の高水温が長く続いており、さらなるサンゴ礁の減少が懸念されています。
近い将来、テングカワハギは石垣島からから姿を消してしまうかもしれません。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2016/08/13(土) 21:51:34|
  2. 魚類(カワハギ)
  3. | コメント:0

ノコギリハギ幼魚

ノコギリハギ

初夏に撮影したノコギリハギの幼魚。
今年はファイアーコーラルの周辺で多く見られました。
独特のフラフラ~っとした動きがとっても可愛いです。
いつまで眺めていても飽きませんよ。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2016/07/05(火) 20:26:28|
  2. 魚類(カワハギ)
  3. | コメント:0

テングカワハギ

テングカワハギ

その海域のサンゴ健全度を計るバロメーター、テングカワハギ。
サンゴのポリプを食しているので、健全なサンゴの存在がないと生きていくことが出来ません。
テングカワハギがたくさんいる海域は、サンゴが健全だと言えるでしょう。
石垣島では非常に数が少なく、たまに見かけると嬉しくなります。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/200 ISO100


  1. 2015/07/17(金) 21:35:13|
  2. 魚類(カワハギ)

テングカワハギ

テングカワハギ 

太陽のマークのような目玉とトウモロコシみたいな姿が特徴の、とっても可愛らしいお魚です。
この子を見るたびに胸がときめくのは私だけではないでしょう。
近年オニヒトデの異常発生により、テングカワハギは食べ物と住処を失い激減・・・。
悲しいかな今では限られたポイントでしか見る事が出来ません。

FUJIFILM S5pro ● AF MICRO NIKKOR 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/160 ISO200 


  1. 2013/09/14(土) 18:58:53|
  2. 魚類(カワハギ)
  3. | コメント:0

PROFILE

Nasu Hiroyuki

Author : Nasu Hiroyuki 

CALENDER

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ENTRIES

CATEGRY

ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索