カエルアンコウ

カエルアンコウ

インドネシア・アンボンで撮影したカエルアンコウの幼魚。
何か黒いものが動いているな~と思って近づいてみると、この子がノソノソと歩いていました。
カエルアンコウフェチな私の興奮度合はMAXに!
大きなあくびをしたり、たまにジャンプしたり、とっても楽しませてくれました。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2018/04/19(木) 18:15:40|
  2. 魚類(カエルアンコウ)
  3. | コメント:0

ヒトデヤドリエビ

ヒトデヤドリエビ

インドネシア・アンボンで撮影したヒトデヤドリエビ。
ヒトデの模様があまりにも綺麗だったので、夢中になって撮影しました。
心ゆくまで撮影をして顔を上げると、現地ガイドが不思議そうな顔でこっちを見ていました。
ヒトデについたエビを一生懸命撮る人はあまりいないんでしょうね。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2018/04/11(水) 17:48:11|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

ヤマブキスズメダイ

ヤマブキスズメダイyg

インドネシア・アンボンで撮影したヤマブキスズメダイ幼魚。
ウミシダの周りに小さな幼魚達がたくさん群れていました。
近づくとどんどん逃げていくので、なかなかシャッターが切れない・・・。
かなりの難敵でしたが、とっても可愛かったので頑張りました。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2018/04/03(火) 09:47:19|
  2. 魚類(スズメダイ)
  3. | コメント:0

ウミテング

ウミテング

インドネシア・アンボンで出逢ったウミテング。
大きさ2センチほどの幼魚で、砂地の上をノソノソと歩き回っていました。
こんなに小さなウミテングを見たのは初めてだったのでもう大興奮!
写真映えする魚ではありませんが、とても可愛く動きも面白いです。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2018/03/28(水) 17:34:44|
  2. 魚類(その他)
  3. | コメント:0

クダゴンベ

クダゴンベ

インドネシア・アンボンで撮影したクダゴンベ。
ヤギ類やウミトサカ類などに生息しており、小さな甲殻類などを食べてるようです。
石垣島ではめったに会えないので、夢中でシャッターを切りました。
チェック柄がとってもオシャレですね。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2018/03/20(火) 09:30:58|
  2. 魚類(その他)
  3. | コメント:0

ヘアリーフロッグフィッシュ

ブラックヘアリー

インドネシア・アンボンで撮影したブラックヘアリー君です。
大きさは5センチほどで超グロテスク!
全然可愛くなかったですが、一応証拠写真ということで2~3枚撮っておきました。
グロテスクさをMAXに表現するため、真正面から顔を切り取っています。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2018/03/17(土) 20:13:11|
  2. 魚類(カエルアンコウ)
  3. | コメント:0

ローランド・デモイゼル

ローランドデモイゼル

インドネシア・アンボンで撮影したローランドちゃんの幼魚。
南国の海ではお馴染みのスズメダイですね。
外洋のポイントにはたくさんいたので、暇さえあればこの子を撮っていました。
ピンボケ写真のオンパレードでしたが、中には数枚ピントの合った写真も・・・。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2018/03/12(月) 18:34:47|
  2. 魚類(スズメダイ)
  3. | コメント:0

フリソデエビ

フリソデエビ

インドネシア・アンボンで撮影したフリソデエビ。
警戒心がなく全く隠れようとしないので、いとも簡単に撮影出来ました。
常にヒトデを掴んでいて、取り上げると必死に奪い返しに来ます。
あまりにも可愛くて、しばらく遊んでしまいました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2018/03/09(金) 17:18:18|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

サクラコシオリエビ

サクラコシオリエビ

インドネシア・アンボンで撮影したサクラコシオリエビ。
南国ではお馴染みで、大人気のマクロ被写体です。
撮影しづらいところに隠れていたので、明るい場所に出てきてもらいました。
暗い所へ逃げようとするので、一人で撮影するのは難しいですね。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2018/03/04(日) 11:41:34|
  2. 甲殻類(異尾類)
  3. | コメント:0

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

インドネシア・アンボンで撮影したセボシウミタケハゼ。
綺麗なウミトサカをチェックしていると、いい所にハゼがついていました。
この時は非常に透明度がよかったので、水の色出す作戦で。
水底に這いつくばり、かなりあおって撮影しました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F7.1 SS1/125 ISO400


  1. 2018/03/01(木) 15:05:00|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

ゼブラガニ

ゼブラガニ

インドネシア・アンボンで撮影したゼブラガニ。
とても綺麗なイイジマフクロウニに乗っていました。
このウニのトゲには猛毒があるので、触れないように慎重に撮影。
南国ではおなじみのカニですが、何故か石垣島では見たことがありません。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2018/02/25(日) 17:10:59|
  2. 甲殻類(カニ)
  3. | コメント:0

トゲトゲウミウシ

トゲトゲウミウシ

インドネシア・アンボンで撮影したトゲトゲウミウシ。
見た目は全身トゲトゲで危険な感じがしますが、実際はブヨブヨしています。(笑)
初めて見ましたが、移動スピードが速くてビックリしました。
湾内の流れのないどんよりした場所を好むようです。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2018/02/21(水) 13:59:05|
  2. ウミウシ
  3. | コメント:0

イッポンテグリ

イッポンテグリ幼魚

インドネシア・アンボンで撮影したイッポンテグリ幼魚。
大きさは1センチ弱で、こんなに小さい個体を見たのは初めてです。
ピコピコと動き回る姿は、いつまで見ていても飽きません。
我を忘れ、夢中になって撮影しました。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F10 SS1/250 ISO100


  1. 2018/02/17(土) 10:56:14|
  2. 魚類(テグリ)
  3. | コメント:0

ゼブラバットフィッシュ

ゼブラバットフィッシュ

インドネシア・アンボンで撮影したゼブラバットフィッシュ幼魚。
海草の生えた砂地を単独でフラフラしていました。
特徴のあるゼブラ模様は幼魚のときだけで、成魚になると消えてなくなるようです。
初めて見る魚だったので、かなり興奮しました。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2018/02/13(火) 10:15:52|
  2. 魚類(その他)
  3. | コメント:0

クマノミの卵

クマノミ卵

ふ化寸前のクマノミの卵です。
卵の中には出来上がった目玉がハッキリと見えます。
卵塊に対してナナメの角度からアプローチして、ピントは中心部分に。
前方と後方の卵が玉ボケするように撮影しました。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2018/02/09(金) 14:43:27|
  2. 魚類(クマノミ)
  3. | コメント:0

コペポーダ

コペポーダ

パラサイトの中でも人気者のコペポーダ。
ミゾレウミウシの二次鰓(にじえら)付近についていました。
ウサギの耳のようなものは卵塊で、水温の低い冬場には卵を持ったものが多く見つかります。
見つけたらすぐ撮影に入りますが、いかにして可愛らしく写すか腕の見せ所です。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F13 SS1/250 ISO100


  1. 2018/02/05(月) 14:29:15|
  2. パラサイト
  3. | コメント:0

クロメガネスズメダイ幼魚

クロメガネスズメダイyg

クロメガネスズメダイの幼魚です。
初夏になり水温が上がってくると、いたるところで大量発生します。
比較的簡単に撮影することが出来ますが、なかなか綺麗な場所にいてくれません。
出来るだけ近寄って、背景をボカすのが一番よい方法でしょう。

NIKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2018/02/01(木) 14:09:37|
  2. 魚類(スズメダイ)
  3. | コメント:0

イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビ

シャチホコのような見事なエビ反りで有名なイソギンチャクモエビ。
エビ反りがわかるよう側面から撮影するのがセオリーですが、
あえてこのようなアングルで狙ってみました。
警戒するとお尻をフリフリと振るのですが、これがとっても可愛いんです。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO200


  1. 2018/01/25(木) 17:21:32|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

フィコカリス・シムランス

フィコカリス・シムランス

写真右の海藻に乗っている茶色いのがそうです。
エビの仲間なのですが、ゴミのようにしか見えませんね。
大きさは1センチ未満と非常に小さく、探すのはなかなか困難。
撮影するときもアプローチする角度を間違えると、何これ?という写真になってしまいます。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F13 SS1/250 ISO100


  1. 2018/01/17(水) 16:24:35|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

アオギハゼ

アオギハゼ

オーバーハングした岩陰などで見られるアオギハゼ。
暗い場所を好み、ほとんどの場合大きな群れを作っています。
群れの中からよくヒレを拡げる個体を見つけ出し、集中して狙うとよいでしょう。
こちらが近づくとどんどん逃げていくので、撮影はなかなか困難です。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2018/01/09(火) 17:35:29|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0
次のページ

PROFILE

Nasu Hiroyuki

Author : Nasu Hiroyuki 

CALENDER

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ENTRIES

CATEGRY

ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索