コペポーダ

コペポーダ


ジュズベリヒトデについていたコペポーダ。
左手にヒトデ、右手にカメラを持って、片手撮りしています。
片手撮りと言っても、カメラを左腕にしっかり固定して撮っているので、ブレることはありません。
水温が下がるこれからの時期、様々なコペーポーダが見られますよ。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100 


  1. 2016/12/09(金) 17:20:13|
  2. パラサイト
  3. | コメント:0

ホソガラスハゼ

ホソガラスハゼ

ムチカラマツについていたホソガラスハゼ。
ぶつぶつしたものに乗っていますが、これはナミスズメダイの卵です。
卵の中には目玉が出来ているのがわかりますね。
もう一度撮影しようと次の日も来ましたが、卵はすでにハッチアウトした後でした。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/12/05(月) 16:11:56|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

ニセアカホシカクレエビ

白化した綺麗なイソギンチャクについていたニセアカホシカクレエビ。
相棒のクマノミ幼魚と仲よく暮らしています。
非常に浅いところに住んでいるので、天気のいい日だとF11でも青かぶりぎみ。
このときは青かぶりを防ぐために、自分のフィンを脱いで日陰を作って撮影しました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/12/01(木) 11:44:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ボンボリイロウミウシ

ボンボリイロウミウシ

転石の下で発見したボンボリイロウミウシ。
大きさは5ミリ足らずで、肉眼では観察しずらいサイズでした。
少しでも大きく写るように、クローズアップレンズを装着して最短距離で撮影。
ウミウシは正面からのこのアングルが一番可愛いと思います。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F13 SS1/250 ISO100 


  1. 2016/11/25(金) 17:58:15|
  2. ウミウシ
  3. | コメント:0

ティーダゼブラヤドカリ

ティーダゼブラヤドカリ

綺麗なオレンジ色をしたティ-ダゼブラヤドカリ。
ティ-ダとは、沖縄の言葉で 「太陽」 という意味です。
その名前とは裏腹に暗い場所を好むので、なかなかお目にかかる機会がありません。
アデヤカゼブラヤドカリに似ていますが、ハサミや脚に白線がないことで見分けることが出来ます。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/21(月) 22:23:19|
  2. 甲殻類(異尾類)
  3. | コメント:0

イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビ

尻ふりダンスで人気のイソギンチャクモエビ。
撮影しようと近づくと、ピョンとハタゴイソギンチャクに飛び乗りました。
これはチャンスとばかりにパシャパシャ!
しかし数カット撮ると、大きなクマノミに追い出されてしまいました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/17(木) 17:20:46|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

フォト派ダイバーに大人気のナカモトイロワケハゼ。
かなり深いところに住んでいるので、逢いに行くのも一苦労です。
写真の左側にはふ化寸前の卵が写っています。
オスとメスが入れ替わりでせっせと世話をしていました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/13(日) 22:11:36|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

チゴベニハゼ

チゴベニハゼyg

チゴベニハゼの幼魚です。
砂地にいるハゼをそのまま撮影しても面白くないので、ぶんぶくんに乗ってもらいました。
これで撮りがいのある被写体に大変身!
どう撮れば一番可愛らしく見えるか?色々考えながら30分ほど遊びました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/09(水) 18:35:32|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

カンザシヤドカリ

カンザシヤドカリ

黄色いサンゴに住んでいるカンザシヤドカリ。
ポリプが花みたいなので、まるでお花畑の中にいるように見えます。
目とハサミにピントがくるようにアプローチするのが基本。
触角が2本ともピンと上に向いた状態でシャッターを切ることが出来れば最高ですね。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/05(土) 22:05:29|
  2. 甲殻類(異尾類)
  3. | コメント:0

イシガキカエルウオ

イシガキカエルウオ

キクメイシの上で発見したイシガキカエルウオ。
そ~っと正面に回りこみ、出来るだけ近寄って撮影しました。
背景の玉ボケは計算どおりです。(笑)
お口半開きの可愛らしい表情をゲットすることが出来ました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/01(火) 21:02:55|
  2. 魚類(カエルウオ・ギンポ)
  3. | コメント:0

ニセアカホシカクレエビ

ニセアカホシカクレエビ

イバラカンザシに乗っていたニセアカホシカクレエビ。
台風後に見つけたのですが、おそらくうねりで飛ばされてここにたどり着いたのでしょう。
こんな組み合わせはなかなか見ることが出来ないので、ここぞとばかりにシャッターを切りまくりました。
背景がイバラカンザシだと絵になりますね。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F13 SS1/200 ISO100


  1. 2016/10/29(土) 20:02:54|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

つぶらな瞳が可愛いセボシウミタケハゼ。
綺麗なホストに付いていることが多いので、好んで撮影する被写体です。
この写真の主人公はこの背景のサンゴで、ハゼはアクセントとして添えました。
美しいキクメイシサンゴがあれば、必ずハゼが付いていないかチェックするようにしています。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100

  1. 2016/10/25(火) 21:51:14|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

アオベニハゼ

アオベニハゼ

ベニハゼ属の一種、通称アオベニハゼです。
暗くて狭い場所を好むハゼなので、撮影するにはライトが必要。
警戒心が強いので、光はソフトに当ててくださいね。
ジャンプした瞬間を狙ってみたのですが、マグレでピントが合いました。(笑)

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/10/21(金) 20:30:45|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

ナンヨウマンタ

ナンヨウマンタ

現在石垣島はマンタのトップシーズン。
マンタシティーポイントに入ることさえ出来れば、かなりの高確率でマンタに逢うことが出来ます。
絞っても光量不足にならないよう、ストロボはINONのS-20004灯で挑んでいますが、まだ光量に不満が・・・。
なんとかストロボを6灯に出来ないか検討中です。

NIKON D600 ● AF-S NIKKOR 14-24mm  ● S-2000×4 ● F11 SS1/80 ISO100


  1. 2016/10/17(月) 18:06:34|
  2. 魚類(マンタ)
  3. | コメント:0

ツノメヤドリエビ

ツノメヤドリエビ

尖った目が特徴のツノメヤドリエビ。
バサラカクレエビによく似ていますが、目の形で区別することが出来ます。
ウミシダもエビも動くので、撮影は非常に困難。
1ダイブ費やして、やっとお気に入りの1枚が撮れました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/10/13(木) 20:20:18|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

アカメハゼ

アカメハゼ

大きさ5ミリほどのアカメハゼ幼魚。
白化したミドリイシに数匹で群れていました。
このサンゴ見た目は綺麗ですが、体内に栄養供給することが出来ず瀕死の状態なのです。
今石垣島では、このような白化したサンゴが数多く見られます。

NKON D800 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/10/09(日) 20:53:15|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

アカスジウミタケハゼ

アカスジウミタケハゼyg

アカスジウミタケハゼの幼魚と思われる個体。
綺麗に白化したキクメイシについていました。
見事に背景に溶け込んでいるので、ファインダーを覗いてもなかなか見つけることが出来ません。
また体を固定する場所もなく、撮影にはかなり苦労しました。

NKON D800 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/10/05(水) 21:29:38|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

アシビロサンゴヤドリガニ

アシビロサンゴヤドリガニ

スリバチサンゴ類と共生するアシビロサンゴヤドリガニ。
体長は5ミリとかなり小さいので、クローズアップレンズを装着して最短撮影し、
さらにパソコン上でトリミングしています。
青色と緑色が仲良く並んでいたのですが、ペアなのでしょうか?

NIKON D800 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F16 SS1/250 ISO100 


  1. 2016/10/01(土) 20:10:12|
  2. 甲殻類(カニ)
  3. | コメント:0

ワレカラ

ワレカラ

シロガヤについていたワレカラ。
カマキリみたいでとても面白い生物です。
数匹かたまっていたのですが、ま~よく動く動く。
あまりに面白いので、ファインダーごしにしばらく観察を楽しみました。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F16 SS1/250 ISO100 


  1. 2016/09/29(木) 16:12:00|
  2. その他の水中生物
  3. | コメント:0

ウミウシカクレエビ

ウミウシカクレエビ

ジャノメナマコに潜んでいたウミウシカクレエビ。
背景となるナマコの模様が綺麗なので、撮影欲をそそる被写体です。
エビもナマコも動くので、撮影には時間が必要。
じっくりと粘って狙いたい被写体ですね。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/80 ISO100


  1. 2016/09/25(日) 14:58:39|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0
次のページ

PROFILE

Nasu Hiroyuki

Author : Nasu Hiroyuki 

CALENDER

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ENTRIES

CATEGRY

ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索