ミカドウミウシyg

ミカドウミウシyg

ミカドウミウシの幼体です。
春先によく見かけるウミウシで、転石の下で発見しました。
とても小さいので、探すときは気合を入れて探さなければなりません。
水温の低い春先には、こんな綺麗なウミウシがたくさん見つかります。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/08/29(月) 20:14:56|
  2. ウミウシ
  3. | コメント:0

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

ソフトコーラルを住処にしていたセボシウミタケハゼ。
背景を水で抜くために、水底に這いつくばって煽り気味に撮影しました。
ハゼが宿主にうまく溶け込んでいるのでちょっと地味ですが、
ウルウルした目が可愛いですね。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/60 ISO100


  1. 2016/08/25(木) 20:55:07|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

ヒゲモジャハゼ

ヒゲモジャハゼ

夏場に砂地のポイントで見ることが出来るヒゲモジャハゼ。
冗談みたいな名前ですが、正式な和名です。
普段は砂に潜って目しか出していないので、見つけるのは非常に困難。
アシストなしで撮影するのは難しいでしょう。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F10 SS1/250 ISO100 


  1. 2016/08/21(日) 20:04:22|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

ニセアカホシカクレエビ

ニセアカホシカクレエビ

綺麗なイソギンチャクに乗っていたニセアカホシカクレエビ。
小さな個体ばかり、10匹以上はついていましたね。
このエビ達の成長を楽しみに観察を続けていましたが、ある日を境に1匹残らず姿を消してしまいました。
いったい何が起こったのでしょうか?

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/08/17(水) 22:04:20|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

テングカワハギ

テングカワハギ

年々数を減らせているテングカワハギ。
彼らの住処となっているサンゴ礁がどんどんなくなっているからです。
今年は30度以上の高水温が長く続いており、さらなるサンゴ礁の減少が懸念されています。
近い将来、テングカワハギは石垣島からから姿を消してしまうかもしれません。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2016/08/13(土) 21:51:34|
  2. 魚類(カワハギ)
  3. | コメント:0

ニセネッタイスズメダイ幼魚

ニセネッタイスズメダイ

初夏に多く見られるニセネッタイスズメダイの幼魚。
行動範囲が狭く、比較的撮影しやすいスズメダイです。
背景があまり綺麗でない場所にいることが多いので、絞りは開けぎみで。
出来るだけ寄って背景をボカしましょう。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2016/08/09(火) 18:35:08|
  2. 魚類(スズメダイ)
  3. | コメント:0

カンザシヤドカリ

カンザシヤドカリ

今年は台風が極端に少なく、高水温の状態が長く続いています。
その影響でサンゴの白化現象が始まっており事態は深刻。
このサンゴはとても美しく見えますが、実は白化し苦しんでいるのです。
そんなサンゴからカンザシヤドカリが顔を覗かせていました。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100 


  1. 2016/08/05(金) 21:50:33|
  2. 甲殻類(異尾類)
  3. | コメント:0

ハマクマノミ幼魚

ハマクマノミyg

綺麗なタマイタダキイソギンチャクについていたハマクマノミの幼魚。
とても小さなイソギンチャクだったのでハマクマノミの行動範囲が狭く、撮影は比較的容易でした。
大きさは1センチ弱で、フリフリ泳ぐ姿がたまらなく可愛かったです。
いつまで見ていても飽きませんよ。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/08/01(月) 18:44:00|
  2. 魚類(クマノミ)
  3. | コメント:0

ウミシダアート

ウミシダアート

ウミシダのソウル撮り。
綺麗なウミシダをわざとピンボケさせて撮影しています。
被写体が見つからないときに、遊んでみたのですが意外に面白い!
皆さんも是非やってみて下さい。(笑)

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/60 ISO100


  1. 2016/07/29(金) 18:44:38|
  2. その他の水中生物
  3. | コメント:0

イシガキカエルウオ

イシガキカエルウオ

石垣島ではどこでも普通に見られるイシガキカエルウオ。
とても可愛らしい魚ですが、作品に仕上げるには背景がとても重要です。
このときは綺麗なシャコガイに乗っていたので、すかさずロックオン!
すぐ逃げてしまったので、シャッターチャンスは一瞬でした。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/07/25(月) 17:25:34|
  2. 魚類(カエルウオ・ギンポ)
  3. | コメント:0

ラオメネス・コルヌトゥス

ラオメネス・コルヌトゥス

ウミシダと共生するかっこいいエビ。
バサラカクレエビに似ていますが別種で、和名はまだありません。
今までに何回か観察する機会がありましたが、何故かすべて左のハサミがないのです。
最初からないのか?たまたま欠損しているだけなのか?

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/07/21(木) 17:55:03|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

クロオビスズメダイ幼魚

クロオビスズメダイyg

今年の春に現れたクロオビスズメダイ幼魚。
石垣島では珍しく、なかなかお目にかかることが出来ない存在です。
非常にシャイですぐに隠れてしまうので、撮影はかなり困難。
もっと撮影したかったのですが、3週間ほどで姿を消してしまいました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2016/07/17(日) 20:57:54|
  2. 魚類(スズメダイ)
  3. | コメント:0

ヒトデヤドリエビ

ヒトデヤドリエビ

渋いヒトデについていたヒトデヤドリエビ。
渋さを最大限に表現するためにストロボ光を弱め、アンダーぎみに仕上げてみました。
水中では深緑色に見えていたのですが、撮影してみると赤色だったのでビックリ!
水中では赤色は一番最初に消えてなくなります。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/07/13(水) 18:05:32|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

アカメハゼ

アカメハゼ

穏やかな湾内の浅場に生息するアカメハゼ。
体は透明で骨はスケスケ、白目の部分がピンク色なのが特徴です。
サンゴにとまっているときが撮影のチャンスですが、あえて泳いでいるところを狙いました。
ブレをおこさないよう、細心の注意を払っています。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F7.1 SS1/80 ISO100


  1. 2016/07/09(土) 13:53:06|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

ノコギリハギ幼魚

ノコギリハギ

初夏に撮影したノコギリハギの幼魚。
今年はファイアーコーラルの周辺で多く見られました。
独特のフラフラ~っとした動きがとっても可愛いです。
いつまで眺めていても飽きませんよ。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2016/07/05(火) 20:26:28|
  2. 魚類(カワハギ)
  3. | コメント:0

ウミウシカクレエビ

ウミウシカクレエビ

アデヤカバイカナマコについていたウミウシカクレエビ。
春には小さな個体がたくさん現れます。
背景はグロテスクなナマコなのですが、写真に撮るとビックリするほど綺麗。
逃げ回るエビにピントを合わせるのは一苦労でした。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/07/01(金) 18:42:16|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

オキナワベニハゼ

オキナワベニハゼ

やや暗い壁を探すと見つかるオキナワベニハゼ。
この子はシライトゴカイのそばがお気に入りのようで、いつも同じ場所にいます。
背景がうるさくならないよう、絞りは開けぎみで撮影。
メルヘンチックな写真に仕上がりました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO100


  1. 2016/06/25(土) 18:37:38|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

バサラカクレエビ

バサラカクレエビ

綺麗なウミシダに潜んでいたバサラカクレエビ。
ウミシダに同化し、見事に擬態しています。
あまりの綺麗さに時間を忘れ、撮影に夢中になってしまいました。
次回はペア撮りにチャレンジしてみたいですね。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/06/21(火) 21:52:53|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

マルスズメダイ幼魚

マルスズメダイyg

初夏に多く見られるマルスズメダイ幼魚。
枝毛状になった長い尾ビレをフリフリさせて、とにかく可愛いです。
背景をスッキリさせるために絞りは開放で。
可能な限り近寄って撮影しました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F3.8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/06/17(金) 18:57:05|
  2. 魚類(スズメダイ)
  3. | コメント:0

ホシゾラワラエビ

ホシゾラワラエビ

数年前にお洒落な名前が付いたホシゾラワラエビ。
エビという名前が付いていますが、ヤドカリの仲間で異尾類になります。
脚が長くクモみたいなので、人気のほうはイマイチ。
ウミシダを背景にして、最短まで寄って撮影しました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/06/13(月) 20:58:00|
  2. 甲殻類(異尾類)
  3. | コメント:0
次のページ

PROFILE

Nasu Hiroyuki

Author : Nasu Hiroyuki 

CALENDER

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ENTRIES

CATEGRY

ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索