ベニサンゴヤドカリ

ベニサンゴヤドカリ

生息数が少なく、かなり珍しいベニサンゴヤドカリ。
久しぶりに撮影意欲をそそる小さくて可愛い個体に出会いました。
めったに見ることが出来ないので、時間をかけてじっくり撮影。
思う存分シャッターを切ることが出来ました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2017/01/17(火) 15:34:21|
  2. 甲殻類(異尾類)
  3. | コメント:0

コペポーダ

コペポーダ

ミゾレウミウシについていたコペポーダ。
とても元気のいいコペちゃんで、ウミウシの体の上でピョンピョン動き回っていました。
2本の触角の間で止まってくれたときは、心臓バクバク!
タイミングよくシャッターを切ることが出来ました。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100 


  1. 2017/01/13(金) 17:31:44|
  2. パラサイト
  3. | コメント:0

マンジュウイシモチ

マンジュウイシモチ

内湾のアイドル的存在、マンジュウイシモチ。
大きさ1.5センチほどの子供で、とっても可愛い子でした。
リクエストの多い人気魚ですが、石垣島では数が少なくなかなかお見せすることが出来ない状況です。
環境の変化か?年々少なくなっているような気がしてなりません。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F5.6 SS1/250 ISO200


  1. 2017/01/09(月) 16:55:26|
  2. 魚類(その他)
  3. | コメント:0

ミヤケテグリ幼魚

ミヤケテグリ

ガレ下に潜んでいたミヤケテグリ幼魚。
初夏によく見つかる絶好のマクロ被写体です。
あまり動かない子だったので、クローズアップレンズを装着して出来る限り寄ってみました。
ひょっとこみたいなこの口、なんとも言えないですね。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm+INON UCL-330  ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2017/01/05(木) 10:12:50|
  2. 魚類(テグリ)
  3. | コメント:0

ニセアカホシカクレエビ

ニセアカホシカクレエビ

新年明けましておめでとうございます。
本年も、Blue Water Divers Photo Blogを宜しくお願い致します。
2016年はあまり写真を撮る時間を取ることが出来ませんでした。
今年は少しでも時間があれば、カメラ持って海に入りたいと思っています。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2017/01/01(日) 16:42:46|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

ギンガハゼ

ギンガハゼ

ギンガハゼの黄化バージョン。
石垣島では内湾の非常に浅いポイントで見ることが出来ます。
警戒心の弱い個体だったので、どこまで寄れるかチャレンジしてみました。
たまにはこんな遊びも面白いです。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/12/29(木) 19:02:13|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

ハマクマノミ幼魚

ハマクマノミyg

大きさ1センチほどのハマクマノミ幼魚。
白化してピンク色に変色したイソギンチャクについています。
夏からずっと撮りたいと思っていたのですが、やっと撮影することが出来ました。
フォト派ダイバーにとっては、たまらない被写体です。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/12/25(日) 17:07:17|
  2. 魚類(クマノミ)
  3. | コメント:0

バサラカクレエビ

バサラカクレエビ

ウミシダに潜むバサラカクレエビ。
非常に擬態上手で、いつ見てもその擬態の素晴らしさに感心させられます。
カラーバリエーションも豊富で、私が好んで撮影する被写体の一つ。
しかし、今年はこのエビが非常に少なく、なかなか出逢う機会がありませんでした。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/12/21(水) 10:10:46|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

フジナミウミウシ

フジナミウミウシ

冬になるとよく見つかるフジナミウミウシ。
とても可愛く、人気のあるウミウシです。
非常に小さいので、クローズアップレンズを装着しての最短撮影が基本。
背景がボケるようローアングルから撮影しました。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100 


  1. 2016/12/17(土) 17:41:38|
  2. ウミウシ
  3. | コメント:0

カエルアンコウ

カエルアンコウ

カエルアンコウの幼魚、SATOSHI君。
大きさは1センチ弱で、もうめちゃくちゃ可愛い子でした。
カエルアンコウ好きの私は、興奮度MAX!
たった一度だけの出会いでしたが、撮影出来てよかったです。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/12/13(火) 14:10:50|
  2. 魚類(カエルアンコウ)
  3. | コメント:0

コペポーダ

コペポーダ


ジュズベリヒトデについていたコペポーダ。
左手にヒトデ、右手にカメラを持って、片手撮りしています。
片手撮りと言っても、カメラを左腕にしっかり固定して撮っているので、ブレることはありません。
水温が下がるこれからの時期、様々なコペポーダが見られますよ。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100 


  1. 2016/12/09(金) 17:20:13|
  2. パラサイト
  3. | コメント:0

ホソガラスハゼ

ホソガラスハゼ

ムチカラマツについていたホソガラスハゼ。
ぶつぶつしたものに乗っていますが、これはナミスズメダイの卵です。
卵の中には目玉が出来ているのがわかりますね。
もう一度撮影しようと次の日も来ましたが、卵はすでにハッチアウトした後でした。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/12/05(月) 16:11:56|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

ニセアカホシカクレエビ

ニセアカホシカクレエビ

白化した綺麗なイソギンチャクについていたニセアカホシカクレエビ。
相棒のクマノミ幼魚と仲よく暮らしています。
非常に浅いところに住んでいるので、天気のいい日だとF11でも青かぶりぎみ。
このときは青かぶりを防ぐために、自分のフィンを脱いで日陰を作って撮影しました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/12/01(木) 11:44:14|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

ボンボリイロウミウシ

ボンボリイロウミウシ

転石の下で発見したボンボリイロウミウシ。
大きさは5ミリ足らずで、肉眼では観察しずらいサイズでした。
少しでも大きく写るように、クローズアップレンズを装着して最短距離で撮影。
ウミウシは正面からのこのアングルが一番可愛いと思います。

NIKON D600 ● AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm+INON UCL-330 ● S-2000×2 ● F13 SS1/250 ISO100 


  1. 2016/11/25(金) 17:58:15|
  2. ウミウシ
  3. | コメント:0

ティーダゼブラヤドカリ

ティーダゼブラヤドカリ

綺麗なオレンジ色をしたティ-ダゼブラヤドカリ。
ティ-ダとは、沖縄の言葉で 「太陽」 という意味です。
その名前とは裏腹に暗い場所を好むので、なかなかお目にかかる機会がありません。
アデヤカゼブラヤドカリに似ていますが、ハサミや脚に白線がないことで見分けることが出来ます。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/21(月) 22:23:19|
  2. 甲殻類(異尾類)
  3. | コメント:0

イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビ

尻ふりダンスで人気のイソギンチャクモエビ。
撮影しようと近づくと、ピョンとハタゴイソギンチャクに飛び乗りました。
これはチャンスとばかりにパシャパシャ!
しかし数カット撮ると、大きなクマノミに追い出されてしまいました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/17(木) 17:20:46|
  2. 甲殻類(エビ)
  3. | コメント:0

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

フォト派ダイバーに大人気のナカモトイロワケハゼ。
かなり深いところに住んでいるので、逢いに行くのも一苦労です。
写真の左側にはふ化寸前の卵が写っています。
オスとメスが入れ替わりでせっせと世話をしていました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/13(日) 22:11:36|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

チゴベニハゼ

チゴベニハゼyg

チゴベニハゼの幼魚です。
砂地にいるハゼをそのまま撮影しても面白くないので、ぶんぶくんに乗ってもらいました。
これで撮りがいのある被写体に大変身!
どう撮れば一番可愛らしく見えるか?色々考えながら30分ほど遊びました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/09(水) 18:35:32|
  2. 魚類(ハゼ)
  3. | コメント:0

カンザシヤドカリ

カンザシヤドカリ

黄色いサンゴに住んでいるカンザシヤドカリ。
ポリプが花みたいなので、まるでお花畑の中にいるように見えます。
目とハサミにピントがくるようにアプローチするのが基本。
触角が2本ともピンと上に向いた状態でシャッターを切ることが出来れば最高ですね。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F11 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/05(土) 22:05:29|
  2. 甲殻類(異尾類)
  3. | コメント:0

イシガキカエルウオ

イシガキカエルウオ

キクメイシの上で発見したイシガキカエルウオ。
そ~っと正面に回りこみ、出来るだけ近寄って撮影しました。
背景の玉ボケは計算どおりです。(笑)
お口半開きの可愛らしい表情をゲットすることが出来ました。

NKON D600 ● AF-S VR Micro-Nikkor 105mm ● S-2000×2 ● F8 SS1/250 ISO100


  1. 2016/11/01(火) 21:02:55|
  2. 魚類(カエルウオ・ギンポ)
  3. | コメント:0
次のページ

PROFILE

Nasu Hiroyuki

Author : Nasu Hiroyuki 

CALENDER

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ENTRIES

CATEGRY

ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索